ココロの想い〜子育て観〜

みなさんは、お子さんが生まれてからどんな毎日を過ごしていますか?

 

赤ちゃんが生まれたとき、やっと会えた我が子はとても愛しく、

ただただ生まれてきてくれたことに感謝でいっぱいだったのではないでしょうか。

 

そんな無償の愛である親としての思いも、成長とともに、

ただかわいいという気持ちだけではなく、

「ちゃんと育てていかないと」と責任を感じたり、

時には「このままで良いのか」と心配になったりすることもあると思います。

 

「子どもにとっていいこと」の情報を集めてみると、

子育てに関する情報があふれていますね。

 

「早期教育」を提唱する幼児教室も目立ちます。 

 

早く早く・・・と競って子どものスキルを伸ばそうとする

社会の中で何かに焦らされ、周りの子と比べて焦ったり、

ゆとりをもって子そだてをすることが難しくなっている時代だなあと感じます。

 

ここでひとつ質問です。

 

自分のお子さんにはどんな子に育って欲しいと願っていますか?

 

・・・思いやりのある子、やさしい子、賢い子・・・

と子どもの幸せを思い、いろいろ答えがありますよね。

 

ココロでは『生きる力』をもった自らの力で進んで行けるこどもであってほしい。

 

そのためにはまず「自分のことを好きになれる子ども=自己肯定感を持てる子」

であってほしいと願っています。

 

“なんだ、そんなことか” とお思いになるかもしれませんが、

これは、これからの人生を生きていく上でとても大切なことです。

 

なぜなら、自分のことを好きになれない子は、他人を思いやる気持ちは育ちません。

相手を思いやり、人を思うという気持ちは、

自分自身を認めて初めて育っていくことだと思うからです。

 

この小さな時期は根を張る(自己肯定感を育む)土台作りの時期だと言えます。

  

一見難しそうな「自己肯定感(自分を好きになる)を育む」ですが、

親や周りの人たちに「そのままのあなたが大好き」と無条件に愛してもらう実にシンプルなことで、自然と身につくのです。

 

―ここで大切なのは、親ならつい言ってしまいがちな、 

〈○○できるあなただから好き、お利口にしてるあなたが好き、勉強ができない子はイヤ〉 

と伝えていく条件付きの愛ではないということです。 

 

条件付きの愛は、指示に従わなければ愛されない・・・と、

子どもにはマイナスのメッセージとして伝わり、

「自分が好き」と素直に思えなくなってしまうからです。

 

 

そうとはいえ、将来子どもが困らないように「何かしてあげなければ」と思うのが親心。

 

親はつい、目に見える成果があると安心できるので、大人の価値観に当てはめて、

幼稚園に入るまでに10まで数えられるようにする・・といった目標を立てたり、

3才で英語であいさつができるようになった・・

という結果で子どもを評価してしまうことがあります。

 

 

では、子どもの『そだち』とは、

大人から与えた課題を「いつまでに〇〇できる、できない」と管理され、

こなしていくものなのでしょうか?

  

私たちは “いつできるようになるのか” は大人ではなく、

その子自身が決めるもの。だと考えています。

 

 

子どもは「自分ができるようになりたい、知りたい」

と望んだときに、歩き始め、言葉を覚え始め、

身のまわりのことができるようになっていくのだと思います。

 

 

大人はやってみたいなと思える環境を整え、

子どものやりたい時期が来るのを待つことが大切です。

 

「子育てとは、待つこと」 

児童精神科医の佐々木正美先生の言葉です。

 

「早くしなさい」「○○ちゃんはできるのになんでできないの!・・・」

とついついダメとわかっていながら言ってしまうのも親心です。

 

子育て真っ最中の私達も含め、待つことは苦しくつらいけれど、

子どもを信じてその時が来るのを「待つ」ことを

喜びに変えられる大人になれたらいいな、と思います。

 

 

ココロでは、「お母さんは、家庭の太陽」でいられるよう、

お母さんが一瞬でもリフレッシュできるよう、

ゆっくりティータイムの時間を大切にしています。

 

 

また、子どもは親だけではなくお友だち親子や私達スタッフなど、

身近な人からたくさんの愛を感じ、

その安心感を基盤に外の世界を広げ、お友だちと笑ったり、

時にはけんかを通じて、社会性を育んでいって欲しいと考えています。

 

ココロは人の心・命の心・・・です☆

親と子、子と子、人と人がココで大きな愛に包まれ・

温かくつながっていきますように・・・と願っています。                     

 

 

                        mama`sサポート ココロ                      

                         柳 愛子*飯田 佳子

 

 

 

・・・・こんなふうにいろいろと考えている私たちですが、我が子の予想外の行動にふりまわされることもしばしば(笑)

 

迷いや葛藤もありますが、いっしょに楽しく子そだてをしていきましょう♪ 

みなさんは、お子さんが生まれてからどんな毎日を過ごしていますか?